その他のふぐの豆知識
2019年10月21日
ふぐは砂に潜る!

2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

feed

ふぐの豆知識

ハリセンボンについて

こんにちは。

ハリセンボンについてのご紹介です。

ふぐといえば、高級魚のとらふぐや真ふぐといった普段スーパーなどにも売られているものだったりしますが、今回はハリセンボンについてのお話です。

 

まず、ハリセンボンについてお話します。

ちなみに漢字で書くと「針千本」です。

ハリセンボンは、フグ目・ハリセンボン科に属しているためふぐの仲間ですが、ふぐではないです。

日本では、沖縄地方や太平洋側や、津軽海峡より南側の日本海で生息しています。

この「河豚の豆知識」を読む»


ふぐとイルカの関係

こんにちは。

前回は、ふぐの仲間「ミゾレフグ」についてお伝えしましたが、今回はふぐと関係のある海の生物についてお伝えしようと思います。

「ドラッグ」など遮光品でハイになったりするのは人間だけではなさそうですよ。

この「河豚の豆知識」を読む»


ふぐの種類②

こんにちは!

前回は、新種のふぐで「ミステリーサークル」を作る「アマミホシゾラフグ」をご紹介しました。

今回は、サンゴ礁や岩礁などに生息しているふぐのことをお伝えしようと思います。

今回は、あまり生態については知られていないことが多いようですが、「ミゾレフグ」をご紹介しますね(^^)

この「河豚の豆知識」を読む»


海外でのふぐの食文化

ふぐのイラスト(斜め前)こんにちは。

今回は、日本では高級魚として食べられている「ふぐ」は海外ではどのように感じているかをお話したいと思います。

 

まず、世界的にみて猛毒をもつ「ふぐ」を調理して食べるという文化はないようです。

今年1月に話題になった愛知県の「スーパーでふぐの肝臓を販売していた」のニュースが世界でも話題になっていたようです。

この「河豚の豆知識」を読む»


供養祭と放流

こんにちは。

暖かい日も続くようになり、桜も満開を迎えたかと思えば、すっかり散ってしまい青葉も出ています。

季節の移り変わりは、早くはかないものですね。

 

今回は、先日行われた『ふく魚介類供養祭』についてお伝えしたいと思います。

先月3月21日に海の恵みを感謝し、豊漁を祈願する『ふく魚介類供養祭』が行われました。

この「河豚の豆知識」を読む»


ふぐが主役の絵本がありました。

こんにちは。

とても寒かった1月2月も去り、暖かくなってきました。

桜が咲く季節もすぐそこまできています。桜が咲くのが愉しみですね(^_^)。

 

さて、いつもふぐやふぐ毒のことやレシピばかりを取り上げていますが、少し視点を変えてみました。

今回は、ふぐが主役の絵本を取り上げてみたいと思います。

ふぐの絵がとてもかわいい絵本になっていますし、内容もふぐが異星人の設定になっていて、一緒に遠足をする内容になっていますので、とてもたのしい絵本に思います。

 

あらすじは、こんな感じです。

この「河豚の豆知識」を読む»


ふぐの種類①

こんにちは。

今回は、ふぐにはたくさんの種類がいるのは、ご存知だとはおもいます。
そのたくさんいる種類にどんなふぐがいるかを知ってほしいなと思います。

去年は「アベニパファー」という淡水で生息し、観賞用のふぐをご紹介しましたが、今回は海の「ミステリーサークル」を作るふぐについてご紹介します。

この「河豚の豆知識」を読む»




Copyright(C)2021 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.