その他のふぐの豆知識
2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

2015年12月03日
ふぐ皮のレシピ③

2015年11月23日
ふぐ皮のレシピ②

2015年11月12日
ふぐ皮のレシピ①

feed

ふぐの豆知識

ふぐの種類③

ふぐのイラスト(斜め前)こんにちは。

3月に入り、卒業や退職など別れの季節が訪れ、気候も暖かい日も多くなりました。

そして、彼岸が近づいていますので、ふぐ美味しいがシーズンも終わりに近づいています。

ですが、今回は「ふぐの女王」と呼ばれている真ふぐについてお話しようと思います。

この「河豚の豆知識」を読む»


食べられるふぐと食べられないふぐ

こんにちは。

今月に入り、今季最強の寒波が到来し、寒さが一段と増し、雪や雨も降ったりしました。少しづつ春の足音が近づいています。

そして、春の便りに、桜の開花予報や花粉の飛散情報が発表されるようになりました。

少しづつ暖かくなり、春が近づいていますが、まだ寒いときもありますので、体調を崩さないように気をつけたいですね。

 

いつもふぐの種類やふぐ毒のことなどをお伝えしていますが、そこで今回は食べられるふぐと、食べられないふぐがいるのかお伝えしたいと思います。

 

日本近海には50種類のふぐが生息しているそうです。

一般にふぐといっても、高級魚のとらふぐからクサフグなど様々いますが、スーパーなどでもよく見かけるカワハギもそうですし、水族館にいるマンボウもふぐの仲間になります。

そういった仲間もいれると、世界には100種類以上もふぐがいるそうです。

100種類いるふぐの仲間で、食用として食べられているふぐは何種類いるのでしょうか?

日本近海のふぐ50種類だけでも、22種類います。その中でも、3種類は漁獲された特定の地域だけで食べられます。

なので、全国で水揚げされて食べられるふぐは、19種類になります。

 

下の表は、ふぐの種類と食べられる部位を表にしたものです。

ふぐの種類 食べられる部位 ふぐの種類 食べられる部位
とらふぐ 身・皮・精巣(白子) まふぐ 身・精巣(白子)
あかめふぐ 身・精巣(白子) しょうさいふぐ 身・精巣(白子)
めふぐ 身・精巣(白子) こもんふぐ 身のみ
ひがんふぐ 身のみ からす 身・皮・精巣(白子)
しまふぐ 身・皮・精巣(白子) ごまふぐ 身・精巣(白子)
かなふぐ 身・皮・精巣(白子) しろさばふぐ 身・皮・精巣(白子)
くろさばふぐ 身・皮・精巣(白子) よりとふぐ 身・皮・精巣(白子)
さんさいふぐ 身のみ いしがきふぐ 身・皮・精巣(白子)
はりせんぼん 身・皮・精巣(白子) ねずみふぐ 身・皮・精巣(白子)
はこふぐ 身・精巣(白子) なしふぐ 身・精巣(白子)
くさふぐ 身のみ ひとづらはりせんぼん 身・皮・精巣(白子)

こもんふぐとひがんふぐは、岩手県や宮城県の一部で水揚げされたものは食用禁止になっていたり、なしふぐも特定の地域で水揚げされたもので長崎県が定める規定に基づいて処理されたもののみが食すことができるようになっています。

このように、種類によって食べられる部位が様々あり、また特定の地域などでないと食べられないものもあったりします。

以前に、種類の違うふぐが繁殖し、ハイブリット種が増加してきているとお伝えしたことがあると思いますが、このように新種の「雑種ふぐ」はどこに毒があるかわからないため安全のため、排除されています。

 

ふぐは、命を落としかねない毒を持っています。

大切な命を守るために、もし釣りなどでふぐを釣ったとしても自分では捌いて食さず、専門的な知識を持った調理師が捌いたふぐを食べるようにお願いします。


ふぐはどうしてブランド化したのか?!

こんにちは。

すっかり寒くなり、ふぐが美味しい季節になりました。

また、3ヶ月前のことになりますが、ふぐ漁が解禁され、初競りがありました。

今年は、最高値が1キロあたり19,000円だったようです。昨年と同様の競り値がついたようですね。

 

さて、今回は、ふぐはなぜ高級魚になったのかをご紹介していきますね。

ふぐ料理を食べるお店も限られていますし、食べに行けばすごく高いです。肝臓や卵巣以外は余すこなく食べることができるので魅力です。

食べ方もいろいろありますし、とらふぐだけでなく真ふぐもたべると美味しいですよね (^^)

この「河豚の豆知識」を読む»


ハリセンボンについて

こんにちは。

ハリセンボンについてのご紹介です。

ふぐといえば、高級魚のとらふぐや真ふぐといった普段スーパーなどにも売られているものだったりしますが、今回はハリセンボンについてのお話です。

 

まず、ハリセンボンについてお話します。

ちなみに漢字で書くと「針千本」です。

ハリセンボンは、フグ目・ハリセンボン科に属しているためふぐの仲間ですが、ふぐではないです。

日本では、沖縄地方や太平洋側や、津軽海峡より南側の日本海で生息しています。

この「河豚の豆知識」を読む»


ふぐとイルカの関係

こんにちは。

前回は、ふぐの仲間「ミゾレフグ」についてお伝えしましたが、今回はふぐと関係のある海の生物についてお伝えしようと思います。

「ドラッグ」など遮光品でハイになったりするのは人間だけではなさそうですよ。

この「河豚の豆知識」を読む»


ふぐの種類②

こんにちは!

前回は、新種のふぐで「ミステリーサークル」を作る「アマミホシゾラフグ」をご紹介しました。

今回は、サンゴ礁や岩礁などに生息しているふぐのことをお伝えしようと思います。

今回は、あまり生態については知られていないことが多いようですが、「ミゾレフグ」をご紹介しますね(^^)

この「河豚の豆知識」を読む»


海外でのふぐの食文化

ふぐのイラスト(斜め前)こんにちは。

今回は、日本では高級魚として食べられている「ふぐ」は海外ではどのように感じているかをお話したいと思います。

 

まず、世界的にみて猛毒をもつ「ふぐ」を調理して食べるという文化はないようです。

今年1月に話題になった愛知県の「スーパーでふぐの肝臓を販売していた」のニュースが世界でも話題になっていたようです。

この「河豚の豆知識」を読む»




Copyright(C)2019 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.