その他のふぐの豆知識
2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

2015年12月03日
ふぐ皮のレシピ③

2015年11月23日
ふぐ皮のレシピ②

feed

ふぐの豆知識

続・河豚とは?〜その③ フグの漁法について

河豚意外と知らない河豚の豆知識を紹介するコーナーです。

 

今回は、漁法について。

河豚の漁法には一般的に、

 

◎一本釣り

◎延縄

◎かご漁

◎定置網

この「河豚の豆知識」を読む»


続・河豚とは?〜その② フグの形態について

ふぐのイラスト(斜め前)数年前に「ふぐとは?」という題名で、その定義や生態などを記事として投稿しましたが、

改めて、意外と知らない河豚のことを紹介してみたいと思います。

 

今回は、その形態について。

 

フグの形態について

 

フグは沿岸性の魚類ですが、前回中国の例でお伝えした通り、河口まで上るものもあります。

  この「河豚の豆知識」を読む»


続・河豚とは?〜その① フグの名称について

 ふぐのイラスト数年前に「ふぐとは?」という題名で、その定義や生態などを記事として投稿しましたが、

改めて、意外と知らない河豚のことを紹介してみたいと思います。

 

今回は、その名称の秘密から。

 

河豚の名称について

 

フグ目フグ科に属する海産魚の総称を「河豚(ふぐ)」といいます。

生息地は世界中の温帯、熱帯の海に広く分布し、日本近海には約40種類がいると言われています。

食用として使われるのは、

冬鍋の王様とら河豚をはじめ、

マフグ・クサフグ・サバフグ・ヒガンフグ・コモンフグ・アカメふぐ・ショウサイフグなどがあります。 この「河豚の豆知識」を読む»


ふぐが最も旨い季節

 

ふぐは昔から、

 

「秋の彼岸から春の彼岸まで」

 

「ふぐは橙の色づく頃より食い始め、菜種の花の咲く頃に食い終わる」

 

といわれて来ました。

いずれも、ふぐと旬の結びつきを現した、なんとなく風情のあることばですよね。

  この「河豚の豆知識」を読む»


ふぐは活魚で価値が倍増する!?

「活魚」は、よく聞く言葉ですね。
今回は、この活魚について掘り下げて書いてみます。

 

活魚とは、生きたまま調理される魚のことをいいます。
冷凍や日置した魚と違って、活魚は新鮮さがダントツですから、飲食店が店のオリジナル色・差別化する手段として大きなアドバンテージとなりますが、実はこの活魚、結構奥が深いようです。

 

活魚には、「活魚水槽」という専用の水槽を使うわけですが、この水槽、ただ魚を泳がせておく容器というわけではないのです。
そんな認識で、活魚を行おうとすると、最悪の場合、魚を全滅させてしまう可能でも否定出来ないのです。

  この「河豚の豆知識」を読む»


ふぐの毒について③

前回はふぐの毒の正体、テトロドトキシンについて書きましたが、

現代では既にふぐ毒の解毒法はすでに確立されているというのをご存じですか?

 

解毒法確率の始めは、昭和三十四年に、当時下関市の水産大学に在籍していた藤井実教授が、亜硫酸ソーダをリン酸で中和処理した混合液(SP剤)で実験したところ、無毒化に成功したのがきっかけだそうです。

ただ、SP剤は直接人体に注射すると有害なため、更に試行錯誤を続けます。 この「河豚の豆知識」を読む»


冬鍋の王様、とらフグ鍋!

 

季節毎に食べ物は、一番美味しい時期というものがあります。これを日本では「旬のもの」といいますよね。

旬のものは、他の時期にくらべて沢山採れるというだけでなく、栄養的にも味としてもたいへん優れているわけです。

 

昔から人は、自然と共に暮らし、季節毎に旬のものを大量に食して来たわけですが、資源が枯渇することもなくうまくバランスが取れて来たのです。つまり、旬にそれを食べるということは、人間を含めた自然のひとつの生態系として成り立ってきたとも言えるのかもしれません。

  この「河豚の豆知識」を読む»




Copyright(C)2019 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.