その他のふぐの豆知識
2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

2015年12月03日
ふぐ皮のレシピ③

2015年11月23日
ふぐ皮のレシピ②

feed

養殖ふぐの「歯切」

ふぐの豆知識 » 養殖ふぐの「歯切」

2019年6月21日

こんにちは。

6月中旬になり、普段なら梅雨入をしているところですが、山口県はまだのようです。

蒸し暑い日が続きますが、熱中症や体調に気をつけてお過ごしください。

 

今回は、養殖ふぐのことについてお話しますね。

下松市にある下松市栽培漁業センターでは、4000尾のふぐの稚魚が養殖されています。

養殖されている生け簀の中でふぐ同士が、尾ひれを傷つけあうことがあるそうです。

傷がついたふぐは、病気になることがあるため、稚魚のときに歯を幼児用の爪切りで歯の一部をカットしました。

歯を切る職員さんたちは、「できるだけ手早く作業し、ふぐにストレスを与えないようにしている」と語っておられました。

 

なぜ、ふぐの歯を切るかというと、ふぐは板状の歯を上下4枚持っています。この歯は、海の中で襲われた時、カチカチと鳴らして威嚇したり、貝類なども食べるため歯が鋭いため、大人になる前に切る必要があるんです。

 

また、こちらのセンターでは4000尾のうち2500尾は放流し、残りの1500尾は育成して、ふぐの季節になる頃には市内の宿泊施設や飲食店に出荷する予定だそうです。

天然ふぐはもちろん美味しいですが、養殖されているふぐも美味しいので、ぜひ一度ご賞味ください。


Comments (0)



Copyright(C)2019 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.