その他のふぐの豆知識
2021年10月25日
てっさ包丁とは

2021年09月24日
ふぐの捌き方

2021年03月12日
ふぐの鳴き声

2019年10月21日
ふぐは砂に潜る!

2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

feed

マンボウはふぐの仲間②

ふぐの豆知識 » マンボウはふぐの仲間②

2021年5月21日

こんにちは。

前回はマンボウの生態についてお話をしましたが、今回は生息域や生態についてお話をしようと思います。

 

マンボウは、5種類が特定されいます。

マンボウ属のマンボウ、ウシマンボウ、カクレマンボウの他に、ヤリマンボウ属のヤリマンボウ、クサビフグ属のクサビフグになります。

日本近海で見られるのは前回もお話したとおり、マンボウとウシマンボウになります。

マンボウの生息域は、温帯や熱帯の暖かい海域を回遊しています。

なので、日本の海域に接近してくるのは海水が暖かくなってくる夏から秋にかけてになります。

しかし、マンボウによっては冬から春にかけて日本海域にくるものがいるそうです。

実は、海の浅いところを泳いでいるのはごくわずかで、マンボウによっては水深800mも潜ることができるそうです。

 

マンボウは、弱くて死にやすいといわれていますが、マンボウが特別に弱いというわけではないそうで、多くの魚に当てはまるそうです。

マンボウは特に、ストレスに弱く胃腸が弱いんだそうです。

なので水族館によると思いますが、エビやアジなどをすり身を団子にして、健康管理のためビタミン剤や漢方などを混ぜてあたえているそうです。

ちなみに、野生のマンボウはクラゲやプランクトンを好んで食べていますが、エビなどの甲殻類やアジなどの小魚なども食べるそうです。

 

マンボウのもう一つの生態で知られているのが、3億個の卵を持っていることです。正確な数はわかっていないそうです。

多くの卵を産卵して生き残って成魚になるのはわずか2匹程度とのことです。その稚魚は体に多くの棘があり「金平糖」と呼ばれています。「金平糖」からは成魚の姿は想像がつかないですね。

マンボウはまだわからないことが多いそうなので、研究をすすめているそうです。


Comments (0)

営業日カレンダー

2021年10月
2627282930
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
123456
2021年11月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1234
  • 休業日


Copyright(C)2021 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.