その他のふぐの豆知識
2021年10月25日
てっさ包丁とは

2021年09月24日
ふぐの捌き方

2021年03月12日
ふぐの鳴き声

2019年10月21日
ふぐは砂に潜る!

2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

feed

マンボウはふぐの仲間①

ふぐの豆知識 » マンボウはふぐの仲間①

2021年4月14日

こんにちは。

4月になり、桜も散り、少しづつ新緑も芽生えはじめましたね。

毎年4月29日に下関でおこなわれていた「ふくの供養祭」ですが、昨年もコロナの影響により中止になりましたが今年も昨年同様にコロナのため中止となったようです。

 

今回は、ふぐの仲間「マンボウ」についてお伝えします。

マンボウは、フグ目マンボウ科マンボウ属に分類されています。

日本近海では「マンボウ」と「ウシマンボウ」がおおく見られるそうです。

とらふぐなどは、体を風船のようにふくらませることができますが、マンボウは体をふくらませることはできません。

ふぐの仲間では一番大きく、成長すると全長約3mになるそうです。

形態は、ユニークな体型をしていて、右上の絵のようになっていて、背びれと尻びれがあり、とらふぐは尾びれがありますが、マンボウは尾びれがなく、舵びれとなっています。

この舵びれは、背びれ・尻びれの一部が変化してできた特殊な舵びれで、泳ぐときに方向転換をするときに使います。

とらふぐなどと一緒で、マンボウも腹ビレはありません。

目にはまぶたはないのですが、ふぐのなかまであるマンボウは目の周りの筋肉を使って閉じることができます。

歯は、ふぐの仲間になるので板状の歯が上下に1枚ずつあり嘴(くちばし)のようになっています。

泳ぐときは、背びれと尻びれを大きく左右同時に動かすことで泳ぐことができます。

皮膚は、厚く粘膜で覆われていますが、表面には寄生虫が付着しているそうです。

目にも寄生虫がついていて、マンボウの目はほとんど見えていないそうです。

そのため水族館で飼育されているマンボウは、水槽の壁にぶつかってしまうこともあるそうで、けがを予防するために透明なフィルムを貼って、マンボウを守っているそうです。

ほかにも特徴があるようなので、次回にお伝えしようと思います。


Comments (0)

営業日カレンダー

2021年10月
2627282930
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
123456
2021年11月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1234
  • 休業日


Copyright(C)2021 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.