その他のふぐの豆知識
2019年10月21日
ふぐは砂に潜る!

2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

feed

天然とらふぐと養殖とらふぐの違い〜ふぐ刺し編〜

ふぐの豆知識 » 天然とらふぐと養殖とらふぐの違い〜ふぐ刺し編〜

2021年1月27日

こんにちは。

今回は、天然とらふぐと養殖とらふぐの違いについてお話をしようと思います。

 

まず、天然とらふぐと養殖とらふぐを見分けるには、尾ひれを見るとわかります。

天然とらふぐは、外海の広い海でゆったりと泳いでいるため、長く大きく発達していてきれいな扇状になります。

囲まれた状態で育つ養殖とらふぐは、尾ひれを噛むことがあるため、扇状にならずギザギザとした欠けた状態になっています。

それと、天然とらふぐは、貝類などの硬い餌を食べるため、歯切りの必要はないのですが、養殖とらふぐは、ふぐ同士傷つけあってしまうため、歯きりをする必要があリます。

天然とらふぐと養殖とらふぐを見た目で見分けるには、尾ひれと口元をみればわかります。

 

一般の方たちは、調理された状態で見ることが多いと思います。

調理された状態で天然とらふぐと養殖とらふぐを見分けるのは難しいです。

ふぐ刺しを例にとってみようと思いますが、養殖とらふぐは真っ白な身に対し、天然とらふぐは半透明でうっすらと赤みを帯びていることがあるため、天然とらふぐと養殖とらふぐの違いはわかるかと思います。

 

ふぐ刺しで、天然とらふぐと養殖とらふぐを見分けるには、食感や味の違いで判断することが多いです。

天然とらふぐに関しては、「天然とらふぐの魅力は身質にあるといっても過言ではありません。

天然とらふぐの身は、タンパク質でアミノ酸の旨味成分が多く含まれているため、高タンパクである天然とらふぐの身は「濃い旨味」を持っています。

そのため、天然とらふぐは自然の海で大きな尾ひれで自由に泳いでいるため、身が引き締まってコリコリとした弾力のある食感と旨味を楽しめます。

養殖とらふぐは、天然とらふぐに比べると身が柔らかく感じます。

 

ちなみに、かの坂本龍馬はふぐ好きだったと有名ですが、食べたふぐは当然ながら天然とらふぐということになります。

 

当店では、店内の大きないけすで新鮮な状態でとらふぐを活かし、注文が入ってから水揚げをし、さばいてお出ししていますので、より新鮮で歯ごたえのあるふぐ刺しをご堪能いただけます。

 

ふぐの季節はまだ続きますので、楽しんでいただければ幸いです。


Comments (0)

営業日カレンダー

2021年2月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
123456
2021年3月
28
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
123
  • 休業日


Copyright(C)2021 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.