その他のふぐの豆知識
2021年10月25日
てっさ包丁とは

2021年09月24日
ふぐの捌き方

2021年03月12日
ふぐの鳴き声

2019年10月21日
ふぐは砂に潜る!

2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

feed

天然とらふぐと養殖とらふぐの違い〜ふぐちり編〜

ふぐの豆知識 » 天然とらふぐと養殖とらふぐの違い〜ふぐちり編〜

2021年2月8日

こんにちは。

立春を迎え、暦の上では、春となりました。

これから、少しずつ春の芽吹きを感じていくのが、楽しみですね。

前回は、ふぐ刺しの天然とらふぐと養殖とらふぐの違いについてお伝えしましたが、今回はふぐちりについてお伝えします。

 

ふぐちりでは、天然とらふぐと養殖とらふぐの違いは、食感がわかりやすいと思います。

天然とらふぐを食べるときは、プリプリとした食感のため、養殖とらふぐとはまるで違います。

鍋から立ち上る香りも違います。

お客様からふぐちりは、食べ始めて5分くらいすると幸せを感じると伺うことがあります。

私は思うのですが、ふぐちりは他の和食とは違い、じっくり煮込むことで、野菜のうまみだけでなく、ふぐの骨や身などから旨味成分が出汁に溶け出して、食べ始めよりも煮込みが進んでいるため、食べている途中からのほうが美味しく幸福感を感じることがあるように思います。

 

そして、天然とらふぐの上品な旨味を最大に引き出すのがポン酢です。

ポン酢は、西日本ではいろいろな料理に用いられています。ふぐ刺し、ふぐちりはもちろんのこと、カツオのたたきやしゃぶしゃぶもポン酢が欠かせないですね。

ポン酢がすごいのは、素材を引き立て、魚の生臭さを緩和して、柑橘類の酸味が唾液を促して、消化を助けてくれます。

ポン酢はふぐ料理を出すお店なら、こだわりを持っていますので、それぞれお店によって味が違います。

当店でも、ポン酢にはこだわりを持っております。

ポン酢は、ふぐ料理に欠かすことの出来ないベストパートナーです。

天然とらふぐのふぐ刺し、ふぐちりともに当店こだわりのポン酢とともにお召し上がりください。

 

天然とらふぐの、プリプリとした食感や旨味はまだまだお楽しみいただけます。

↓ 天然とらふぐのちり鍋の商品一覧です。
https://www.fujiyoshi-group.com/products/tennen-torafugu-kokusan/chiriset-tennen/


Comments (0)

営業日カレンダー

2021年10月
2627282930
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
123456
2021年11月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1234
  • 休業日


Copyright(C)2021 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.