その他のふぐの豆知識
2019年10月21日
ふぐは砂に潜る!

2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

feed

ふぐの栄養素〜マリンコラーゲン〜

ふぐの豆知識 » ふぐの栄養素〜マリンコラーゲン〜

2020年5月14日

こんにちは。

新緑の季節になりましたね。

暑い日が続きます。そして、COVID-19も気になりますね。

 

前回、てっぴの栄養素についてでしたが、今回はふぐの栄養素のマリンコラーゲンについてお話をしようと思います。

では、主な栄養素についてお話をしていこうと思います。

ふぐに含まれる三大栄養素のタンパク質、ミネラル、ビタミン類を多く含んでいます。そして、何より脂肪が低くわずが0.3%です。

そして、コラーゲンです。コラーゲンを含む食材は多く、豚足や鶏手羽などがあります。

中でも、ふぐの皮に含まれているゼラチン質は「マリンコラーゲン」といって、脂質もほぼなく美容に嬉しい食材です。

しかし、先程あげた鶏手羽や豚足にあるコラーゲンは「動物性」で、カロリーを取りすぎてしまうため、避けたいですね。その点、ふぐの皮は、「海洋性」のため、コラーゲンを効率よく摂取することができ、肌や髪、爪だけでなく、骨を強くし丈夫にもする作用があります。

他にもいいことがありますよ。

アミノ酸の一種であるタウリンは、血管を強くする効果があり、高血圧や動脈硬化などの予防になります。

ふぐ皮の黒い部分には、ミネラル成分のセレンが含まれています。

このセレンは、酵素やタンパク質の一部を構成し、抗酸化作用があり、免疫力を高める効果もあり、抗がん作用もあります。セレンは、藻類、魚介類、卵黄、肉類に多く含まれています。

ふぐは、皮だけでなく身にも栄養素が含まれています。旨味成分のグルタミン酸とイノシン酸を含んでいます。

グルタミン酸は、美肌効果や解毒作用と認知症予防に、イノシン酸にも美肌効果や代謝アップや疲労回復効果があると言われています。

 

ふぐは、味もいいし、高タンパク低カロリーで女性に嬉しいコラーゲンもあり、美容と健康に適しています。

季節は過ぎてしまいましたが、また美味しい季節になったら“てっさ”や“ふぐちり”を食べて幸せな気持ちになっていただきたいと思います。


Comments (0)

営業日カレンダー

2020年5月
2627282930
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
123456
2020年6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1234
  • 休業日


Copyright(C)2020 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.