その他のふぐの豆知識
2019年10月21日
ふぐは砂に潜る!

2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

feed

ふぐの栄養素〜てっぴ〜

ふぐの豆知識 » ふぐの栄養素〜てっぴ〜

2020年3月30日

こんにちは。

3月に入り、暖かい日が増えてきました。

東京では、桜も満開みたいですが、山口県でも、桜が咲きはじめ、場所によっては満開に近かったり、まだちらほらしか咲いていないところもがあるかと思います。

桜が満開になるのが楽しみですね(^^)

新型コロナウイルスで自粛ムードが続いていますが、お花見を少しは楽しみたいですね。

 

さて、今回は、ふぐの皮についてお話していこうと思います。

皆さんは、ふぐの皮は食べたことがありますか?

食べたことがある方がほとんどだと思いますが、皮ってコリコリして美味しいですよね。

ふぐの皮の刺身は「てっぴ」と言います。

ふぐの皮は、ふぐ刺しでは脇役になっていますが、実は脇役にしておくのがもったいないくらいに美味しさがあります。

「てっぴ」と呼ぶようになった理由は、現在の大阪府にあり、武士の時代だった頃に、ふぐと言う名前では表立って売れなかったため、大阪では「てっぽう」という名前でやり取りをしていました。鉄砲に当たると命を落とすことからブラックジョークにして名付けていたそうです。

そして、ふぐの皮は「鉄砲の皮」から「鉄皮(てっぴ)」と呼んでいたそうです。現在も、昔の呼び方を引き継いだかたちになっています。

 

ふぐの皮は、棘に覆われているすぐ下の皮を「表皮」、やや厚みのある「真皮」、更に内側にある「皮下組織(とおとうみ)」の3層構造となっています。

皮すきの作業の際、背中側の皮が薄く、腹側の皮は厚みがありますが、背中側の皮すきの作業をするときは難しくなります。

ふぐの皮を調理するときは、棘を取り除き、茹でます。茹でることで、表皮・真皮・皮下組織のとおとうみのそれぞれの食感を楽しむことができます。

コリコリとした食感を楽しめるのは、表皮に一番近い真皮の部分です。

ゼラチン質でもちもちとした食感を楽しめるのは「とおとうみ(皮下組織)」で、溶ける透明の皮と弾力のある半透明の皮からできています。

身皮は、プリプリとした食感を楽しめます。名前の通り身が少しついた皮になりますが、コラーゲンが豊富に含まれている部位になります。

 

さて、ふぐ刺しで、「てっぴ」がお皿の中央にのってきます。

「てっぴ」をポン酢で食べると美味しいですよね。コリコリの食感と酸味ともみじおろしの辛味とが合わさって絶品になります。

実は、ポン酢もコラーゲンの吸収に一役かっています。

柑橘類に含まれるビタミンCが、体内に吸収されたコラーゲンのアミノ酸の再合成を助けています。

「てっぴ」をポン酢で食べて、コラーゲンの吸収をよくし、ぷるぷるのお肌を手に入れたいですね。

ふぐ皮は、お鍋で食べると一層美味しくなり、コラーゲンが染み出たお出汁を飲むことでお肌がもっとぷるぷるになりますね。

いろいろな食べ方があっていいですね。


Comments (0)

営業日カレンダー

2020年10月
27282930
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
12345
  • 休業日


Copyright(C)2020 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.