その他のふぐの豆知識
2019年10月21日
ふぐは砂に潜る!

2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

2015年12月03日
ふぐ皮のレシピ③

feed

絶滅危惧種にふぐの仲間がいる (1)

ふぐの豆知識 » 絶滅危惧種にふぐの仲間がいる (1)

2019年11月20日

こんにちは。

令和になって、初めてのふぐの季節がきました。

そして、下関で初競りが9月30日に行われ、競りはわずか30分で終了しました。

天然や養殖のふぐが競りにかけられ、1キロ25,000円で昨年より6,000円高く競り落とされました。

 

皆さん、とらふぐ以外にもふぐの種類は世界的に多くいることがわかっているのは、ご存知とおもいます。

もちろん食べられるふぐ、食べられないふぐ、観賞用のふぐがいます。

その中でも、「カラスふぐ」がいますが、絶滅危惧種1Aに指定されているのは、ご存知ですか?

この「カラスふぐ」は元々とらふぐと同じように高級魚として食べられていました。

とらふぐは、旨味や甘味が濃いですが、「カラスふぐ」はとらふぐに比べると身の付きがやや少ないようですが、とらふぐに劣らず美味しいふぐだったようです。

 

では、なぜ「カラスふぐ」と名前が付いたかというと、身体的特徴があげられます。

姿はとらふぐに似ていて、体上部と背中は黒で、腹部は白色です。とらふぐと同じに胸びれの後ろに白輪に囲まれた大黒紋があります。ここまでは、とらふぐと同じですが、「カラスふぐ」は背びれと尻びれは黒ですが、とらふぐは尻びれが白いので、この尻びれで見分けます。

体表の特徴はお伝えしましたが、体長は、50cm前後の大きさで、東シナ海・日本海西部に生息しています。

体表が黒いことから山口県では、「クロ」または「カラス」と呼ばれています。

とらふぐと同じように強毒を持っていますが、身・皮・精巣(白子)は無毒で美味しく食べることができます。

 

次回は、「カラスふぐ」がなぜ絶滅危惧種となったかをお伝えしていこうと思います。


Comments (0)



Copyright(C)2019 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.