その他のふぐの豆知識
2019年10月21日
ふぐは砂に潜る!

2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

feed

絶滅危惧種のふぐがいる(2)

ふぐの豆知識 » 絶滅危惧種のふぐがいる(2)

2019年12月16日

こんにちは。

年の瀬も差し迫り、ますます寒くなってまいりました。

インフルエンザが流行っているようですので、体調に気をつけてお過ごしください。

 

前回、「カラスふぐ」の特徴をお伝えしましたが、今回はなぜ絶滅危惧種になったか」をお伝えしていきたいと思います。

なぜ、「カラスふぐ」が絶滅危惧種かというと、やはり乱獲が大きく関わっています。

とらふぐは、需要が伸びたために同様に乱獲され、数が減っていきました。

なぜ、とらふぐは、絶滅危惧種にはならなかったのか、理由としては養殖が始まったことにあります。

なぜ、養殖をはじめたかというと、生産量をカバーするために養殖が始まり、資源の保存を確保することができたためです。

でも、「カラスふぐ」は、とらふぐに次ぐ乱獲のために注意が向かないままになっていました。

気づいたときには、もう存続が危ぶまれるほどに数が減ってしまっていました。

「カラスふぐ」もとらふぐと同じように養殖で、救えれば良かったのですが、とらふぐの養殖に大きくカジをきったため、残念ながら養殖の対象にはならなかったようです。

また、中国、韓国、台湾でも漁獲されて食べられています。

1969年の「カラスふぐ」の水揚げは、3,600tありましたが、2008年には1tに減少していました。

わずか40年あまりで、99.99%まで種の生存が減少したことになります。

これは、生物が自然に増えるより、はるかに速く減少していることになり、いかに大量捕獲が原因となっているといえます。

このようなことから、2014年に『絶滅危惧1A類』に指定されました。

ですが、残念なことに、法的な縛りはありません。

このままでは、この世から「カラスふぐ」はいなくなるという警笛にしかならないのです。

もどかしい限りです。

いろいろな種類の魚、動物が、完全に絶滅してからでは、遅いのです!

今を生きる私達が、何ができるか、何をするべきかを考えていく時期に来ているのではないかと思います。


Comments (0)



Copyright(C)2020 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.