その他のふぐの豆知識
2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

2015年12月03日
ふぐ皮のレシピ③

2015年11月23日
ふぐ皮のレシピ②

2015年11月12日
ふぐ皮のレシピ①

2014年10月25日
ふぐ雑炊の作り方

feed

ふぐの種類①

ふぐの豆知識 » ふぐの種類①

2017年12月13日

こんにちは。

今回は、ふぐにはたくさんの種類がいるのは、ご存知だとはおもいます。
そのたくさんいる種類にどんなふぐがいるかを知ってほしいなと思います。

去年は「アベニパファー」という淡水で生息し、観賞用のふぐをご紹介しましたが、今回は海の「ミステリーサークル」を作るふぐについてご紹介します。

 

新種のふぐになるようですが、「アマミホシゾラフグ」といいます。

「アマミホシゾラフグ」は、奄美大島の近海で2011年に発見され、2014年に新種として発表されました。
「アマミホシゾラフグ」は、産卵期になると海底で卵を産むための巣(産卵巣)を作ることで世界的に知られるようになり、今年世界の新種トップ10入を果たしたそうです。

体長は、10〜15cmで、オスが海底25メートルの砂地に1週間をかけて直径2メートルの幾何学模様の産卵巣を作ります。

これがミステリーサークルの写真です。↓

 

 

 

 

 

このミステリーサークルは、奄美大島の南部の大島海峡で春から夏に掛けて見られるふぐのようです。

3月〜9月にかけて、オスが尻ビレを使い、円の外から内にかけて溝を掘るようです。その形や模様でメスを呼び込み、円の中心で卵を産んでもらうようです。

産卵後、オスが孵化までの数日間、巣を守ります。

このように、複雑な巣を作る魚は珍しいそうです。

魚の名称に、「ソラ」の字が使われるのは珍しいですが、「アマミホシゾラフグ」を漢字で書くと「奄美星空ふぐ」になるそうです。

命名の由来が、奄美大島の近海で発見され、星を散りばめた模様から名付けられたそうです。

「アマミホシゾラフグ」がミステリーサークルを作っている映像です。↓

 


Comments (0)



Copyright(C)2018 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.