その他のふぐの豆知識
2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

2015年12月03日
ふぐ皮のレシピ③

2015年11月23日
ふぐ皮のレシピ②

2015年11月12日
ふぐ皮のレシピ①

2014年10月25日
ふぐ雑炊の作り方

feed

毒がどこにあるかわからないふぐがいる!?

ふぐの豆知識 » 毒がどこにあるかわからないふぐがいる!?

2017年9月27日

こんにちは!ふぐのイラスト(斜め前)

生息域が変わり、自然交配し生まれたふぐが日本近海の太平洋にいることが、研究でわかったそうです。

ゆゆきし問題になっているようなので、取り上げてみました。

近年の地球温暖化のためか、生息域が変わり自然交配から生まれた猛毒のテトロドキシンがどこにあるかわからない交雑種のふぐが存在するとニュースで、聞いたときにはびっくりしました。

もともと日本海に生息していた「ゴマふぐ」が海水温が上昇するにつれ、北へ生息地を移動、拡大させて津軽海峡を渡り、太平洋へと進出していたことが研究によりわかったそうです。

太平洋には、もともと「ショウサイふぐ」が生息しており、「ゴマふぐ」によく似ているそうです。

「ショウサイふぐ」と「ゴマふぐ」は、もともとは同種だったためか自然交配が可能だったようです。

太平洋では、自然交配で生まれたハーフが、大量に発生しているそうです。

このハーフのふぐは、「ゴマふぐ」のメスと「ショウサイふぐ」のオスの子だそうです。

人間にしてみれば、命取りになりかねない問題だそうです。

何故かというと、ハーフと純粋な「ゴマふぐ」と「ショウサイふぐ」の雑種の第2世代「クォーター」がすでに発生しているそうです。

もし、この「クォーター」たちが間違って、市場に出回ったら非常に危険です。

純粋な「ゴマふぐ」や「ショウサイふぐ」と判別がつきにくいため消費者が間違えて食べてしまうとフグ毒による中毒を引き起こしかねないからです。

参考にした記事です↓
http://www.gizmodo.jp/2017/06/pufferfish-hybridization-toxin.html


Comments (0)



Copyright(C)2017 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.