その他のふぐの豆知識
2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

2015年12月03日
ふぐ皮のレシピ③

2015年11月23日
ふぐ皮のレシピ②

2015年11月12日
ふぐ皮のレシピ①

2014年10月25日
ふぐ雑炊の作り方

feed

ふぐはなぜ膨らむのか?

ふぐの豆知識 » ふぐはなぜ膨らむのか?

2017年6月5日

こんにちは。

今回は、ふぐはどうして膨らむのかをお伝えして行こうと思います。

 

なぜ、ふぐは膨らむのかというと、敵を驚かせて身を守るためです。

ストレスや危険を感じたり、自然界ではサメや大型の魚に、膨らませて自分を大きく見せて驚かせる効果を持っています。

他の理由として、体を大きくすることで他の魚に襲われた時に食われにくくなると理由もあります。

ふぐの仲間は世界に170種ほどいます。中には体にトゲを持っているハリセンボンがいます。

ハリセンボンは、鱗を変化させて大きく長いトゲを持っています。危険を感じると瞬時に体を膨らませて全身のトゲをたたせて威嚇します。

 

では、どんな仕組みで膨らむかというと、胃に水を入れて膨らませます。胃の一部が変化して出来た「膨張嚢」という袋状のものがあります。この袋に水をいれて膨らませます。

空気でも体をふくらませることが出来ます。水や空気を飲み込んだ時に、胃と食道や腸をつなぐ出入り口の筋肉を絞り、閉じてしまいます。このため、ため込んだ水や空気をしばらく膨らんだままでいることが出来ます。

元の姿にもどるときは、逆に筋肉を緩めて水や空気を外に出して戻ります。


Comments (0)



Copyright(C)2017 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.