その他のふぐの豆知識
2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

2015年12月03日
ふぐ皮のレシピ③

2015年11月23日
ふぐ皮のレシピ②

2015年11月12日
ふぐ皮のレシピ①

2014年10月25日
ふぐ雑炊の作り方

feed

ふぐのことわざ②

ふぐの豆知識 » ふぐのことわざ②

2016年11月14日

こんにちは。

前回に続き、ふぐにまつわる「ことわざ」についてお話します。

 

ふぐに関することわざは、命や食べると危険ということだけではなく、中には間違って食べてしまったときの毒消しのことを言っているものもあるようです。

 

では、ご紹介します。

ふぐ一尾に水一石

意味としては、トラふぐには猛毒のテトロドトキシンが含まれ、フグ一尾で人間33人がなくなってしまう程の猛毒を持っています。

この猛毒テトロドトキシンは青酸カリ以上で、煮ても焼いても消えないことから、水で流すことが一番よいということのようです。

ですが、水一石とはどのくらいかというと、一升が1.8lなので、一石は180lの量です。

もし、こんなに一度に水を使ってしまば、毒は流れ出していくにしても、同時にふぐ自体の旨味も流れてしまいます。

昔の人は、「河豚一尾に水三斗」とも言っていますが、この「水三斗」はフグにあたったときの毒消しに飲む水の量でもあるそうです。

ちなみに「三斗」はどのくらいかというと、54lです。

 

ことわざの参考文献はこちらです。↓
http://www.kaiseiken.or.jp/umimame/umimame06.html

 


Comments (0)



Copyright(C)2017 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.