その他のふぐの豆知識
2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

2015年12月03日
ふぐ皮のレシピ③

2015年11月23日
ふぐ皮のレシピ②

2015年11月12日
ふぐ皮のレシピ①

2014年10月25日
ふぐ雑炊の作り方

feed

ふぐの歴史

ふぐの豆知識 » ふぐの歴史

2016年8月31日

フグ2.fw日本のふぐの歴史は、縄文時代にさかのぼり、この頃すでに食べられていたもようです。

発掘調査では、貝塚の中からふぐの骨が発見されています。

エジプトの壁画にもふぐを食べていたような彫刻が残っているそうです。

はるか昔から食べられていたと思われます。

しかし、縄文時代などには、今のような料理方法はなく、単に焼いて食べたり、煮て食べていたらしいです。

また縄文時代では、毒のある部分に関しては、特に内蔵などは生焼けだったりするので、食べずに捨てていたんではないかと思われます。

豊臣秀吉のころにも食べられていて、朝鮮出兵の際に兵士が食べ、たくさん死んでしまったようで、「ふぐを食べることを禁ず」と禁止令を出したそうです。

また、江戸時代までふぐを食べることを禁じていたようです。

武家などは、ふぐを食べることは難しかったようですが、庶民の間ではかなり食べられていたようです。

そして、江戸時代の元禄の頃や文化文政の時代には、庶民は言うに及ばず武士階級の間でもかなり食べるようになっていったそうです。

俗にいう文化人たち(俳句、浮世絵師、落語家など)にも好んで食べられていたそうです。

 

ふぐを食べること解禁されたのは、明治時代に入り初代総理大臣伊藤博文公が、下関の”春帆楼”(現在もあります)に立ち寄り、海が時化ており出す魚がなかったため、仕方なくふぐ料理を出したそうです。

これを、伊藤博文公がいたく感激し、それからふぐの食文化が解禁となり、現在に至るそうです。


Comments (0)



Copyright(C)2017 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.