その他のふぐの豆知識
2019年10月21日
ふぐは砂に潜る!

2019年05月27日
温泉とらふぐ

2019年04月10日
ふぐの珍味

2019年03月22日
ふぐの種類③

2018年08月24日
ふぐの種類②

2018年04月16日
供養祭と放流

2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

2015年12月03日
ふぐ皮のレシピ③

feed

ふぐ食の歴史

ふぐの豆知識 » ふぐ食の歴史

2012年11月6日

 

日本人のフグ食の歴史をさかのぼっていくと、

なんと縄文時代の遺跡からも河豚を食べていた痕跡が見て取れるそうです。

それぐらい日本人は、河豚を昔からよく好んで食べていたのですね。

 

当然、ふぐの料理方法が確立していなかった昔には、

多くのふぐ中毒も発生していたと推測される訳で、

 

これを証明するように、「ふぐ食禁止令」が出されていたという歴史が、

各時代の文献から見つかっているようです。

 

例えば、1592年〜1598年の安土桃山時代には、朝鮮出兵した文禄・慶長の役の折りに、

肥前国に集まった武士が河豚中毒で死亡する事件が多発したことを受け、

激怒した豊臣秀吉公によって「河豚食禁止の令」が発布されました。

 

同様に、江戸時代にも河豚毒に犯されて死ぬというのは武士にあるまじき行為として厳しい禁止令が発せられ、明治の1985年には河豚を食べたものは拘置科刑に処すという「違警罪即決例」が施行されていました。

 

その後、下関で伊藤博史が食した河豚の味に感動して、1888年に山口県知事に働きかけ下関で解禁されて以来、

私たち日本人にとって、冬の定番御馳走として欠かせない料理となったのですね。

 

 

ーー参考文献ーー
書 名:フグはフグ毒をつくらない
著 者:野口 玉雄
出版社:(株)成山堂書店


Comments (0)



Copyright(C)2020 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.