その他のふぐの豆知識
2017年12月13日
ふぐの種類①

2017年12月06日
ふぐのレシピ⑨

2017年11月22日
ふぐのレシピ⑦

2017年11月08日
ふぐのレシピ⑥

2017年10月11日
ふぐのレシピ⑤

2016年11月28日
ふぐのことわざ③

2016年11月14日
ふぐのことわざ②

2016年10月31日
ふぐのことわざ①

2016年10月17日
ふぐ皮のレシピ④

2016年09月23日
ふぐの肝について

2016年09月07日
ふぐの名前の由来

2016年08月31日
ふぐの歴史

2015年12月03日
ふぐ皮のレシピ③

2015年11月23日
ふぐ皮のレシピ②

2015年11月12日
ふぐ皮のレシピ①

2014年10月25日
ふぐ雑炊の作り方

feed

世界最小の淡水ふぐ

ふぐの豆知識 » 世界最小の淡水ふぐ

2016年12月12日

 こんにちは。

今回は、世界最小の淡水ふぐ「アベニパファー」についてお話します。

以前にもお話したふぐにはいろいろな仲間がいます。

その中でも、世界最小でしかも淡水に生息しているふぐ「アベニパファー」がいます。

生息域は、インド南西部にあるスリランカが原産です。

このアベニパファーは、観賞用として飼われているようです。

金額も安価であり、初めて熱帯魚を飼う人でも比較的飼育し易いふぐのようです。

 

続いては、アベニパファーの魅力をお話します。

先程もお話したように、完全淡水で 世界最小で、しかも複数飼育や混泳が可能で、繁殖可能もできて、比較的安価な熱帯魚になります。

「ミドリフグ」や「ハチノジフグ」という名前のふぐが人気があったようですが、飼育方法が海水や汽水で、難しかったために人気があまりでなかったそうです。

 

アベニパファーは、販売しているショップでは幼魚で売っています。

幼魚で飼い始めて、「可愛さ」があっても大きくなってくると「可愛さ」が半減してしまう種も多くあります。

でも、アベニパファーは、幼魚で1cmで、大きくなっても4cm程度です。

 

一般的にふぐは、肉食性が強くて気性が荒いため、他種との混泳は不向きと言われています。

また、アベニパファー同士の飼育でも、困難で単独飼育が一般的です。

基本的には単独飼育が望ましいですが、他のふぐよりサイズが小さいために、個体の性格次第では混泳も可能で、同種を複数飼うならほぼ問題ありません。

ですが、ヒレが噛まれてボロボロになります。

中には気性が激しいものもいて、見境なく攻撃をしかけていく場合もあるようです。

ほぼ同じ大きさのアベニパファーであれば、威嚇はしますが、死なせてしまうような攻撃はしないようです。

繁殖期のオスは、非常に神経質で危険になる場合があります。

 

また、アベニパファーは、雌雄がわかりやすく、体は黄色で背後に深緑色の光斑があり、成長してくるとメスは、腹部以外に黒いドットが入っていき、オスは目の後ろに深いシワが入ります。

アベニパファーは、若魚から成魚になる過程で、性差が出てきますから、同居させることで繁殖の機会があります。

観賞用のふぐで、アベニパファーは繁殖例がもっとも多いそうです。

 

こちらは参考文献です。↓
http://matome.naver.jp/odai/2138208106821729901?page=1


Comments (0)



Copyright(C)2017 FUJIYOSHI CORPORATION All Rights Reserved.